ひどい言葉

ひどい言葉を次々に投げつけるだんな様、二人のお子さんのために耐えるしさん。「しさん、就職の道を探しましょうよ。医療事務の資格をとるとか、知り合いの花屋さんでパートを始めるとか、まず、少しでも経済的に自立する練習をしてから、将来の設計図を書き直したぼう.かいいような気がしますよ。お子さんが大きくなるまで我慢するって、成人になるには:::あと吃年ってことり・しさん、再就職もむずかしい年になりますよ。だって、再婚するにしても、前倒しの方がチャンスをつかみやすいわよ」とアドバイスしました。しさんのような美貌の持ち主で家事もしっかりこなす女性は、きっとすぐに再婚できると確信したのです。おうちではやさしいママです。お子さんもしさんのことが大好きでしょう。ママが いつまでもきれいで、穏やかでいるためには、ムフのパパじゃ厳しいでしょう。どんな生活スタイルがお子さんたちにとっても幸せか、よーく考えましょう。避妊に協力しないだんななんか、暴君です!霊は、「子ども産みマシン」じゃありません(激怒!)。「したたかに、こっそりと再婚準備を:::。子どものために我慢というのは禁旬です」夫婦問恋愛を取り戻すためにーーときめくココロを取り戻そう!ときめくココロはいずこ?結婚後、だんな様への小さな不満にあきらめモードになってしまう私たち主婦。結婚して2、3年経つと、「だんな様の許せない部分」が自につきはじめます。

参考:結婚相談所 比較

触らないで

「触らないで!」と拒みましたが、そんな妻の言うことを聞くだんな様ではありません。「初代の女は、セックスもよくなってくるもんだ。おまえが魅力的だから抱きたくなるんだ。セックスもしてもらえないおばさんもいるんだから、おまえは幸せ者だ。やりたくないおまえはおかしいぞ」と勝手なセリフを吐いて、強引にしさんを抱きました。もちろん避妊などしてくれません。しさんは二人目の子どもを妊娠しました。今、二人の子どもを育てながらも、だんな様は、変わらぬ態度で強引に迫ってきます。「せめて避妊を」と言っても、聞く耳は持ちません。しさんは涙をハンカチでぬぐいながら話してくれました。 「子どもが大きくなるまでは私が我慢するしかないです。しょうがないんです。離婚しでも子育てする自信がないですから。セ νクスも嫌でしょうがないです。気持ちいいなんて思ったことない」しさんの事例は、聞いていて胸が痛くなる内容です。自分の意志を伝えても、聞き入れられないもどかしさと、自信がないゆえに強い立場でセックスを拒否できない現状。セックスとは本来、愛し合う男女の素晴らしい営みであるはずなのに、結婚生活が「恐怖」としてしさんにのしかかっているのです。私は、しさんの結婚生活8年間の辛い事をいろいろ聞いているうちに、「改善の道は見えない」と思いました。しさんが、やり直したい、まだだんな様のことを愛しているというなら、がんばれるでしょうが、「嫌で嫌で:::」と涙するご様子は、ひとときの感情の乱れとは思えぬ印象でした。

参考:

マンネリ脱出をはかる心がけ

「イク」こともなく、不毛な時間を過ごすのは、身体的にも、精神的にもノ グッドです。しかし、だんな様は満足しているご様子です。だんな様も さんも両者フィフティで気持ちよくならないと絶対不公平。ここは一つ、「おまえは淫乱だ」と言われない程度に、マンネリ脱出の方法を考えてゆきましょう。男性によっては、あまり妻側がセクシーになると、引いてしまうタイプもいらっしゃるので、見極めは大切です。女性も、ステキな寝室事情にするために努力を惜しんではいけません。勉強あるのみ。教科書は、映画・恋愛小説・インテリア雑誌・ランジエリ カタログなどたくさんあります。のちほど、私が推薦する、『カ lマ・ス トラ』というお手本もあります。また、場所を変えてみるのもおすすめです。旅行は非日常ですから、どんどん行きましょう。ラフリーでセクシーに年老いてゆくためにも、初代のうちからマンネリ脱出をはかる心がけを。「マンネリ脱出の鍵は、妻が猛烈に勉強することにあり!」ココロとカラダが満たされ忽くて「結婚後豹変した夫、結婚生活もセックスも嫌で嫌で仕方ないんです」しさんは、引の歳のとても美人でセクシーな奥様です。小学生と幼稚園のお子さんがいます。 5歳年上のだんな様と、恋愛結婚しました。恋愛時代の思い出は(多くの方が口をそろえて言われることですが:::)「夫はやさしかった」です。今は、すっかり変わってしまっただんな様との不幸な結婚に苦しみ続けています。

参考:

結婚後

結婚後、夫が変貌するなんて私たち主婦は誰も思っていません。ゆえに、ルンルン気分で結婚に踏み切るわけです。しさんもそうでした。彼は安定した会社に勤めていて、デ 卜の時も、しっかりエスコートしてくれて、やさしかったので文句のつけようもありません。すぐに結婚を決めました。 しさんは、ご自分のお父様が理想の男性でした。寛大であたたかく、包容力のあるお父様でした。だんな様も、お父様のように見えた:::というわけです。早く結婚して、あたたかい家庭を築きたいと思っていました。しかし、結婚以来、だんな様の態度がどんどん変わってきました。わがまま、自分勝手、倣慢、しさんの口から出るだんな様の様子は、マイナスな単語のオンパレードでした。結婚してすぐ子どもができたので、妊娠中の不安な時期に、だんな様の冷たさが発覚。どんなに体調が悪くても、いっさい家事を手伝ってくれず、命令ばかり。そして出産後、退院して初めて家に帰り、「まだ体調がすぐれないの」と言ったしさんに、「俺の飯はどうなってるんだ日」と切れてしまった冷たい態度。この日の事はしさんにとっては、忘れられない苦い思い出です。自にいっぱい涙を溜めながら、産後の退院の日の辛さを語ってくれました。ココロとカラダが満たされ芯くて結婚後8年間、ずっと、だんな様に心を開いたことはありません。はっきり言って「嫌い」なのです。なかでも最高に嫌なことはセックスです。だんな様が変貌してからというもの、彼から触れられることにも嫌悪感がありました。

参考:

浮気など

浮気など考えたこともなく、平和な夫婦生活を送っていました。しかし、最近、「なんだかなあ:::」と感じはじめました。だんな様は、仕事時間がフレックスタイムのため、朝、お子さんが、学校ヘ行ってから求めてきます。 さんは、それまで、食器を洗ったり、掃除機をかけたり、家事に没頭しているわけですから、頭も身体もすぐには切り替わりません。「うーん、夜まで待ってよお」「おれ、ムフ夜仕事で遅くなるからさあ」というやりとりがかならずあって、いつも、だんな様のペースでなだれ込みます。 さんは、抱かれながらも「早く終わってくれないかな。なんかつまんないセックスだわ」と心の中でつぶやきます。最近はとくにむなしさがつのり、ワンパターンの手順、体位に腹立たしさまで覚えてきました。もちろん、自分はクライマックスに達することもなく、だんな様の動きを冷めた目で見続ける。 さんは、性欲がないわけではありません。こんな、しらじKらしい寝室事情があと何十年も続くのかと思うと、寒気がするのです。なんとか、マンネリセックスを改善したいという気持ちになってきたのです。だんな様のことを愛しているのに、満足できるセックスができないーー。もったいない!です。愛が冷めているけど、求められるからいたしてしまうといKう最悪のケ スではないわけですから、 さんには、まだ希望の光があります。今のココロとカラダが満たされ忽くて不満を相手に言わないまま、気持ちよくないセックスをダラダラと続ける。


出典:

WordPress Themes